2015年6月21日日曜日

夏をのりこえることができるか不安

夏ですね
メールをくれている皆さんありがとうございました
お礼のアイサツが最大で半年遅れたことをお詫びします()
笑い事じゃないね
本当にすいませんでした
ガッツリ読ませていただいております


外出していないと昨日ブログに書いたが
正確には『遊ぶために』外出していないということだ
働いているのだから会社行くために外に出るし
ひとり暮らしをしているのだからコメやパンを買いに外に出る
人との会話となると酷いもので
日々唯一会話する人は68歳の非正規社員のおじさんだけ
現在は会社で68歳の初老のおじさん(トメさん)と組んで仕事をしている

仕事内容は肉体労働ミドル級
枯れ木の様な痩せた体の老人
当然の如く体が動かない
だからぼくが動く
今の季節はひとしごとを終えると滝のように汗が噴き出てくる
仕事の分担は8:2
最近は慣れてきて7:3
同じ時給で働いているのだから仕事の配分も平等に分担されるべきだと思う
しかしトメさんは動けない
実は5月にぶち切れた
口論にもなった
「怒られたって、できないもんはできませんよっ。」と言い返された
上司にもヤンワリと相談した
その時にトメさんは先代社長のコネで入社したベテランだと知った
ぼくの立場は弱い
ゴミのような存在だと認識している
自分は落ちるとこまで落ちた
ゴミはゴミらしく現実を受け止めて日々を遣り過ごすように努めている
だから素直にトメさんを受け入れることにした


彼が最悪なのは口だけは達者というところだ
自分とは真逆の人間だと思う
「私は10年以上もここで働いているんだよ。
だから一生懸命働いても無駄な事だって知ってるの。」
「部長は遊んでるだけだけど、いくらもらっているか知ってる?」
「あの課長は・・・」
トメさんはいつも会社や上司に対して呪いの言葉を吐いている
恨みと憎しみに憑りつかれた怨霊のよう
彼が何を考えてどう生きてきたかは聞かなくてもわかる
68歳といえば悠々自適な年金生活もできる年齢だ
彼の人生は聞かなくてもわかる


トメさんは純粋でまるで子供のよう
そしてぼくは冷めている
彼とは見ている方向が違う
そうだ
ぼくはいつもそうだった
おしゃべりな人には相槌を打ってあげる
(わかるよー、よくわかる・・・。)
しかし腹の底ではくだらない会話だと冷笑している
自分は今まで悪い事ばかり見てきた
はるか大昔に人間は総じてクソだと結論付けてしまった
すべての人が身勝手なクソだ
他人に期待してはいけない
すべてが無意味
会話も愛想も作り笑顔も
すべてムダなこと
どう足掻いても何も変わりはしない
人生は何も期待してはいけないんだ
ただくだらない毎日を無心で生き抜くのみ
ぼくは氷のように冷たいなと思う



ランキングに参加しています ご厚意でクリックお願いします
にほんブログ村へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりシニア・中年へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 元ひきこもりへ

人気ブログランキングへ


0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。