2015年6月20日土曜日

ぼっちで生きていく

東京のアパートの一室で息をひそめて暮らしている
いつもひとり
外出なんかできない
自分は新しい生活の適応能力がゼロなんだと思う
帽子とマスクは必需品
人が怖い
いかに近所の人に遭遇しないようにアパートの出入りをするかが
今のぼくには大きなテーマになっている


お金に余裕が無い事も外出しない理由になっている
会社の休みが多かった4月と5月の給料は悲惨だった
非正規社員の泣きどころ
非正規雇用の自分は時給制だから出社してナンボ
会社休みの安心感に比例してお金の悩みが増える


たまに親の顔を見に実家へ帰れば
「結婚しなさい」と小言を言われる
子供はいくつになっても子供なのだろう
親子の談笑はいつもそれで途切れる
言葉を失い2階の自室に逃げる

結婚?
結婚なんか無理
人嫌いだから異性も愛せない
人間そのものが醜悪で怖い
まして年収300万に届かないワーキングプア
誇れるものなんか何ひとつも持っていない
恥ずかしい
情けない
劣等感と絶望感の塊
仕事前の朝は毎日自殺願望がフツフツと湧いてくる
誰かが背中を押してくれたなら死ねるのに
自分を消したい
こんな惨めな人生から足を洗いたい
結婚している自分よりも自殺している自分の方がリアルに感じられる
ぼくは異常だ
もの心ついてから今まで
世間一般が言う『幸福な家庭」を築ける精神状態では無いんだ


自分にとっての幸福とは何か?
いかに人に会わずに
最低限の人間関係の中で金に困らずに暮らしていけるかだ
それがぼくにとっての精神安定剤
だからそういう暮らしをずっと求めてきたし
煩わしい人間関係が増える結婚や交友や外出は恐怖の対象だった
社交的な親には理解してもらえなかった
「育て方を間違えた」と泣かせてしまったこともある
産み育ててくれた両親
老いた両親には本当に申し訳ないと思う

孫を見せてやれなくてごめん


ランキングに参加しています ご厚意でクリックお願いします
にほんブログ村へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりシニア・中年へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 元ひきこもりへ

人気ブログランキングへ


0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。