2013年6月30日日曜日

死に場所

昨夏は叔父と旅行した
旅行から帰ってしばらくして病気になった
この1年で酷い変わりようだ
快活な叔父はもういない
叔父に泣きながら「死にたい」と嘆かれたことが重く心にのしかかっている
自殺者と自殺未遂者の合計数は年間で約9万人であるとラジオで聞いた
漠然とでも
自殺をしたいと日々思って暮らしている人の数はどれくらいになるだろうか?
数はわからないが
まさか仲が良い身内が自殺をしたがっていることになるとは思わなかった
自分を誤魔化してきた現実に直面してしまった
自分も死にたいのだなとあらためて気づかされてしまった
叔父は涙を流していた
ぼくはあの顔を忘れない


所有している50坪の土地を売ろうと思って
懇意にしている不動産販売の人に見積もりしてもらった
自営の仕事を頑張っていた12年位前に1,000万円で購入した土地
登記の名目は雑種地だから住宅を建てることはできない
道路に面していないために永久に家を建てることはできないだろう
下水道から遠く離れているのも最悪
排水や排泄物を垂れ流すわけにはいかないし・・
見積もりの結果は300万円だった
絶望的に安い
酷い下落っぷりだと思った
残りの700万円はどこにいったのだろう?
固定資産税が安いのが救いだ
やっぱりこの土地は売らない
ぼくが一番充実した人生をおくってきた時に得た財産だから
この土地はぼくが頑張って生きてきた唯一の証しなんだ
300万円は欲しいけれど
これで売ってしまうのはあまりにも悔しい
ずっとこの土地で死にたいと思っていた
いつかプレハブ小屋を建てて
ここで静かに死のうと思う



ランキングに参加しています ご厚意でクリックお願いします

にほんブログ村へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりシニア・中年へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 元ひきこもりへ

人気ブログランキングへ



2013年6月29日土曜日

ゴメン

荻窪に住んでいる叔父(母の兄)が「死にたい、死にたい」と言っている
叔父は80
昨年の夏に軽い脳梗塞になって自宅療養をしている
今日御見舞いにひとりで荻窪まで行ってきた
ぼくは幼少の頃に東京の府中市に住んでいて
両親は共働き
叔父夫婦の家によく預けられた
荻窪と府中の間を行ったり来たりしていた
ぼくには父親同然の人だ
「死にたい、死にたい」と嘆かれても
嘆かれたぼくも毎日「自分なんか生まれてこなければよかったのに」と嘆いていたりする
ぼくには死への憧れがある
だから心から叔父を励ましてあげることができない
「そんなこと言わずに元気になってくださいよ」と明るく言いながら
心の中では
(ああ、そうだね。その気持ちよくわかるよ。一緒に死んで楽になりたいね。)
ともうひとりの自分がささやいている
ぼくはとことん冷淡で気弱な奴だと思う
我ながら自分の心に嫌気がさしてくる
叔父さんゴメンよ
こんな甥を持った叔父がかわいそうだ


ドラム缶の件だけれど
いろいろと酷い事を書いてしまった
しかし良いところもある
仕事を手伝ってあげた時に「ありがとう」と言ってくれるところ
これはうれしい
人は多面的な動物だから
一面だけを見て判断してはいけないのかもしれない
気分のいい日と気分の悪い日は誰にでもあるし
もう少し様子を見よう
長く勤めていれば互いに打ち解けあえるかもしれない



お金が無いので新聞の購読を6月で止めることになった
新聞の折り込みチラシを見られなくなるのは残念だ
ぼくは学生時代に朝刊のみアルバイトで新聞配達をしていた
朝の2時に起きて7時近くまで配達していた
ひとりで2人分の配達エリアをまわっていた
月給で8万貰っていたけれど安かったかもしれない
当時は学生で親のスネをかじっていたから200万円貯金ができた
疲労がハンパない仕事だったから大学行かずに昼間は寝ていた
おかげでひきこもりになってしまったけれど
この時の貯金があったおかげで20代にひきこもりをできたという
ぼくの人生に影響大な仕事だったりする
新聞配達なんかやらないほうが良かったかも・・と今でも時々考えたりしている
自分の人生に深いかかわりがある新聞
来月からは自宅に配達されることはもう無い
いざ止めるとなると寂しいもんです

ランキングに参加しています ご厚意でクリックお願いします

にほんブログ村へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりシニア・中年へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 元ひきこもりへ

人気ブログランキングへ



2013年6月27日木曜日

怒号

今日はおつぼねババアと一緒に仕事をした
アルバイト先に居る50代ベテランのパートのおばさん
女性に対してババアと名付けるのは失礼だと思うので
新たに「ドラム缶」というあだ名を付けた
これからは彼女のことをドラム缶と心の中で呼ぼうと思う
そのドラム缶なのだが
仕事がいそがしくなるとイライラが始まる
体は動かないのに口だけはよく動くようになる
理性を失って暴言が増えていくタイプ
野蛮で自分勝手な人だ
ぼくはすっかり標的にされてしまった

加熱調理した切り干し大根を小型の鍋に移し替えていく作業
30以上ある小鍋に目盛に沿って移し替えていく
移し替える分量を間違えたら失敗
小鍋が余ったり足りなくなってしまう
「失敗しないように慎重にね」
ドラム缶はぼくにそう言った

4時間ノンストップ
暑くなってきて全身汗まみれになる
それでもぼくは一生懸命働いた
ぼくなりに猛スピードで働いていたつもりだった
「その仕事に8分もかかっていたら遅いよ!それじゃやっていけないよ!」
いきなりドラム缶の怒号が飛んだ
えっ?ぼくに言ったの?
悔しくて泣きたくなる
いそがしくなるといつもこうだ
必ず周囲にいる人の仕事にイチャモンをつける
いやいや
慎重にやれと言ったのはあなたでしょう!
と言い返したかったけれど
ぼくは立場が弱いから言われるままにしておいた
(なんだ、時間を計っていたのか・・・)
8分とはよく計ったものだ
リーダーでもないのに人の仕事のスピードの時間を計るなんて
どんな性格の人なのだろう?
一言で言うなら陰険な人なのだと思う
そのくせ自分の労働時間が終わるとさっさと帰ってしまう
ドラム缶はそういう人なのだ

ぼくが入った頃から周囲の様子が変だった
皆が腫れ物に触るようにドラム缶と接していた
新人のぼくでも入社してすぐに気付いた
それでも新人のぼくには優しい人だった
話しかけてくれる優しさがうれしかった
(優しい人だな・・)
最初は面倒見のいい優しい人だと思ったのだけれど
ぼくの誤解だった
野蛮で陰険で自分勝手な本性をぼくに見せるようになった
ドラム缶は新しい奴隷を探していたに過ぎなかった
何でもいう事を聞くおとなしい奴隷を・・・
無垢なぼくはすっかり騙されてしまった
騙されてしまったことが悔しい
ドラム缶の犠牲者は多い
人はわからない
本当に人間関係は難しい
ぼくにはね



ランキングに参加しています ご厚意でクリックお願いします

にほんブログ村へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりシニア・中年へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 元ひきこもりへ

人気ブログランキングへ



2013年6月26日水曜日

居場所

アルバイトの帰りに道草
デジカメを持って人気のない公園を散歩した
強い雨が降っている平日の公園は誰もいなかった
このブログに貼る画像を撮影する
雨が好きだ
オフコースの歌「水曜日の午後」みたい
ようやく仕事以外のことを考えられるようになってきたと思う
少しだけ気分は回復傾向にあるような気がする

しかし
アルバイトはまったくうまくいっていない
自分の居場所がなくなってしまっている
今日は3つのラインをたらい回しにされた
「人は足りているからいらないよ」とベテランのおばさんに言われてしまった
結構きつい言葉だった
ぼくはどこへ行けばいいの???
完全にイラナイ子状態
自分はもうこの職場にいらないのだろうな
息苦しくて胸が詰まるよ

仕事は遅いしミスもするしコミュ力ゼロだし
ぼくは史上最悪のフリーターなのかもしれない
コミュ力のない人とは話せるけれど
コミュ力のある人とはまったく話しができない
しかもコミュ力のある人は偉いから困ったものだ
ぼくはラインのリーダーや主任クラスの人とまったく会話ができていないのだ
コミュ力のない暗いおじさん
わけのわからないおっさんと思われている
ぼくはガムシャラに働いている
暑くて喉がカラカラなのに水を飲む余裕も無い
しかし今後どんなに努力しても評価されることは無いだろう
閉鎖的な工場の仕事
アルバイトやパートタイマーは
いちど他人から蔑まれて見られてしまうと終わりなんだ
昨年の経験からぼくは知ってしまった
努力しても負の連鎖にしかならない
学校のイジメに似ているかもしれない

こんなことでは負けてたまるかと自分に言い聞かせている
しょせんぼくはフリーターだ
難しく考える必要はない
もっと気楽に働こうよとね
ここに勤め始めた最初はそう思っていたのに
辛さばかりが先行してしまってすっかり忘れていた
初心を忘れて右往左往する心
ぼくは一体なんなのだろう



ランキングに参加しています ご厚意でクリックお願いします

にほんブログ村へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりシニア・中年へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 元ひきこもりへ

人気ブログランキングへ



2013年6月25日火曜日

ダメ人間

昨年は7つの会社に勤めてみたが全部失敗してしまった
仕事が続かなくて全部すぐに辞めた
07
職歴を汚しただけの1年だった
ぼくはすっかり自信を無くしてしまった
いや
自信なんてものは最初から無かった
自分がどうしようもないダメ人間だということに気づかされてしまったのだと思う

今になって昨年の失敗が尾を引いている気がしている
「人間どう転んだって生きていける」というのがぼくの座右の銘だった
ひきこもりのぼくを励ましてくれる言葉だった
しかしそれは間違いだった
昨年の失敗でぼくは思い知らされた
転んでばかりいる人では生きていけないのだ
転んでばかりいる人はいつまでも転び続ける
そしてもう生きていけないと必ず限界が訪れる

すっかり今後の自分を悲観してしまっている
そして働くことが嫌いになってしまった
今は完全に無気力な状態でいる
休みの日でも楽しめない
アルバイトしている以外は部屋で横になっている
部屋で横になっていたら
父から
「おまえは時間を無駄にしている」「やることはたくさんあるのに勿体無い」
と小言を言われた
ぼくは朝の3時に起きてアルバイトしてきたのに・・・
と言い返そうと思ったが無気力で言葉も出ない
もう反論する気にもならない
言われるままにしておいた
父さんゴメン
ぼくはひきこもりになるために生まれてきたんだ

今日も暑かった
アルバイト先で
自分と同類を探しては話しかけて仲良くするようにしている
職場で浮いている似たものどうし
見事にクセのあるコミュ障ばかりが揃ってしまった()
でも孤独で誰とも話さないよりはいいかなと思っている
ぼくと話してくれる人はみんな大好きだ





ランキングに参加しています ご厚意でクリックお願いします

にほんブログ村へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりシニア・中年へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 元ひきこもりへ

人気ブログランキングへ



2013年6月23日日曜日

情けない

仕事を探したい
アルバイトの月給は14万円だった
保険と年金は引かれていない
アルバイトの給料だけでは生活していけない
もうひとつ仕事をしたい
せめて月に5万円になる仕事をしたいと思っている

自営業で何でも屋もしているけれど
まったく仕事が入ってこない
先月からネットで宣伝を始めたけれど反応はゼロ
インターネット宣伝で反応があったのは遠い昔
現在は競合者が多すぎる
ネットを見る人も賢くなってしまった
90年代の頃は仕事をゲットするのに1円もかからなかった
良い時代だった
ぼくがひきこもりから脱出できたのはインターネットのおかげだった
自分で商用ホームページを作ってヤフーに登録するだけで仕事が入ってきた
月日は流れてすっかり浦島太郎状態になってしまった
今時商用ホームページや商用ブログなど誰も見てくれない
仕事のとりかたがわからなくなってしまった
自営業は完全に行き詰まってしまっている

毎日のようにブログに書いているけれど
主力のアルバイトさえうまくいっていない
正直に書けばアルバイトを辞めたい
いつもいつも朝から晩まで辞めたいと考えている
休日でさえアルバイトのことを考えてしまって憂鬱になる
ぼくは憂鬱になると体が動かなくなる
心がいっぱいで何もできなくなる
ここ2週間は外出どころか部屋の掃除さえできていない
母にも言われてしまったが廃人のような生活をしている

14万円はクレジットカードの支払いで消えた
もうひとつ仕事がしたい
しかし心がいっぱいで何もできない
ぼくは自由なはずなのに
不器用な生きかたしかできない自分が情けない



ランキングに参加しています ご厚意でクリックお願いします

にほんブログ村へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりシニア・中年へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 元ひきこもりへ

人気ブログランキングへ



2013年6月22日土曜日

性格

アルバイトを続けている
アルバイトをしている以外は部屋にひきこもってばかりいる
最近は外に出ることがとても怖くなってしまった
昨年は近隣の工業団地で働いた
ぼくは自宅の周辺で何度も転職をくりかえした
転職をくりかえすことで2度と会いたくない人が増えていった
ぼくの姿を2度と見られたくない
勤め先を転々とすることで自分の行動範囲を狭めてしまった
辺鄙な田舎だ
工場の人に会ってしまったらどうしよう
そして今のアルバイト先も近所にある
大嫌いで会いたくない人がいる
コンビニで車のすれちがいで
遭遇してしまいそうな気がして外に出ることさえ怖くなってしまった

ぼくはダメな奴だ
就職がうまくいかないことを他人のせいにしたことはない
就職に失敗をしても他人を憎んだことはない
ブログで職場の人の愚痴を書いていても
仕事を辞める時は
ぼくはいつだって自分だけを責めている
就職がうまくいかないのは自分に欠点があるせいだと思っている
そんなことは20年以上前に気がついていた
仕事に向いていない人の性格は
根暗 無口 おとなしい 声が小さい 内向的 人づきあいが苦手 緊張しやすい・・・
すべてぼくの性格に当てはまる
普通に生きていくことさえ困難な性格だと思う
しかしそうした性格の人でも
負けずに頑張って働き続けている人だっている
本当に偉いなと思う
ぼくの場合は
普通に生きていくことさえ困難な性格に
さらに対人恐怖症が加わる
ぼくは人が怖いのだ
怖くなってすぐに逃げる
どこに勤めても働き続けることができなかった

今のアルバイトは働き続けることができるだろうか?
まるでバカにされるために行っているようなものだ
ぼくはけっして仕事ができないわけではない
しかしぼくの性格は労働者として失格なのだろう
おとなしいから言葉で負ける
おとなしいから普通の人の何倍も小言を言われる
言葉でねじ伏せられて言葉を失う日々
おつぼねババアが大嫌い
自分がすべて正しいと思っている奴は最悪だ
しかも正しいし(苦笑)


趣味の釣りを続けています


これは5月に川釣りをした時の動画です
形のいいヘラブナを釣りました
パートナーは父です


毎日励ましのメールをいただきます
メールをくれた皆さんありがとう
返信はできないけれどここでお礼を書きます



ランキングに参加しています ご厚意でクリックお願いします

にほんブログ村へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりシニア・中年へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 元ひきこもりへ

人気ブログランキングへ