2013年7月5日金曜日

懺悔

ぼくは裸の王様だった
自分が無能なくせに
自分を正当化しようとして
できすぎ君やドラム缶姐さんを口うるさい人だと思って敵視していた
しかし自分の敵は自分だった
全部自分の仕事のできなさが原因だった
月曜日の労働災害
自分の適応力の無さにショックを受けている
人づきあいは苦手だ
コミュニケーション能力は0点
しかし自分は仕事の適応力はあると思っていた
すっとずっと自信を持っていた
頭も体も脂ののりきったおっさんだ
伊達に46年も生きてはいない
力はあるし頭の回転も速い方だ
自分は仕事ができる
そう思っていた
しかし違っていた
会話はダメ
仕事もダメ
今や何の能力も無い労働災害者
やけどをしたことよりも自分の情けなさに
ただただ恥じ入るばかり
態度を改めたい
心から反省している
悪いのは自分だった

労災事故の件で
今まで会った事が無い会社の偉い人にたくさん会った
なんだか取り調べを受けているような窮屈な日が続いている
心配してくれた人のことは忘れない
ドラム缶姐さんは優しい人だった
「だいじょうぶかい?危ないと思ったら私に任せておきな」
こんなぼくに心配して優しい言葉をかけてくれた人
それはドラム缶姐さんだった
ぼくは悪い奴だった
心から謝りたい
 (できすぎ君には完無視されていますが・・)

今週は仕事を休まなかった
意地になって休まなかった
やけどしたことで何故か働く意欲が湧いてきた
ぼくは世界一仕事ができない奴だ
だから他人に不快に思われる
いつもそう思っていれば
あらゆる無視も罵声も耐えていけるかもしれない
仕事を続けたい
もう少しアルバイトを続けてみよう
生まれ変わったつもりで働きたい



ランキングに参加しています ご厚意でクリックお願いします

にほんブログ村へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりシニア・中年へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 元ひきこもりへ

人気ブログランキングへ



9 件のコメント:

  1.  人にはみんな長所も短所もあります。
     困難な時に温かい言葉をかけてくれる人がいるというのは、幸せなことです。
     月並みな言葉ですが、ふわちょさん、がんばれ。

    返信削除
    返信
    1. chaiさん
      その日の体調によっても人は変わりますね
      他人の性格を安易に判断してはいけないのでしょうね

      削除
  2. いつも日記を読んでいます。書かれていることがすべて実際に起きた事実なので、うすっぺらい小説よりも心に響きます。事実を書いているのに、詩みたいなはかなさ、もろさを感じます。掲載されてある写真も好きです。もっとたくさん読みたいです。

    ちなみに、男です。ホモでもありません。

    返信削除
    返信
    1. ぼくもホモではないので問題ないです(笑)

      削除
  3. ふわちょさんどうもです。たくです。
    昨日の返信は身にしみます。
    普通の生活を送れない事が親への復讐になってしまってますね。
    僕の現状の原因は「いじめ」ですが、これは根本的な原因ではないと思います。
    ただ、両親にはこうなった根本原因を理解して欲しいのです。
    平和ボケして、原発問題やTPPなんかには何の興味も示さないで他人こと。
    天下りで税金を無駄に使う官僚。プロ野球のコミッショナーの問題もそうです。
    何の責任も取らない東電もそうです。
    悪い事は悪い事だ!と理解させるべき大人達が悪い事をし、そして他人ごとです。

    そういったことが「いじめ」をエスカレートさせ、自殺にまで追い込むモンスターを生み出すのだと
    考えるようになりました。
    先日まで放送されていた「家族ゲーム」というドラマは、僕の考えている事が見事に表現されていたと思います。このドラマの本質を理解してくれる人はどれくらいいるのか・・・?
    長くなりましたのでまた今度・・・。

    ちなみに貯金も今年が限界。ネットができるのも今年が限界か・・・。
    無職は続いています。


    返信削除
    返信
    1. 自分も中学生時代のイジメが起因だと思っています
      心的外傷に今でも苦しんでいます
      ベビーブームと校内暴力の全盛期でしたから
      教師からも先輩からも同級生からも
      サンドバックのような扱いを受けましたね
      イジメられるために学校に行っていたようなものです
      もしも違う中学校に行っていたら
      中学校に行かずに山奥で暮らしていたら
      もう少しマトモな人格に成長していたと思います

      楽しい思い出の上書きが続けば
      イジメのトラウマは薄れていくのだと思います
      しかし楽しい思い出はなかなか無いものですね

      削除
  4. ふわちょさん、こんにちは。あんなにひどい状態なのに仕事を休まなかったんですね。根性すわってます。とりあえず、やけどの痛みがあまりないようなので、良かったです。痛いのはつらいですからね。
    ドラム缶姐さんは、とりあえず、ふわちょさんのことを気にかけてくれているみたいですね。できすぎ君はふわちょさんの方がだいぶん年上ということもあり、思っていても、なかなか声をかけずらいのかもしれないですね(と思いたい…。)

    返信削除
    返信
    1. ぱるおさんのコメントにドキッとしてしまいました
      できすぎ君はぼくよりも15歳以上年下なんです
      できすぎ君の心情を察すると
      ぼくみたいなおじさんは本当に扱いにくいと思います
      できすぎ君はぼくみたいな同僚を持って不幸なのかもしれない
      しかし彼はその中で一生懸命に働いている
      偉いですね

      できすぎ君の立場になって考えてみると
      彼に申し訳ない気持ちになってしまいました

      削除
  5. そう思える気持ちってすっごく大切です。
    世間的に立派な人でもそういう謙虚な気持ちを持てない人はたくさんいます。
    今の気持ちを忘れないで下さい。
    謙虚でいると対人関係も次第に良くなります。
    試しに今度、笑顔で「ありがとうございます!」ってキライな奴に言ってみて下さい。かなり関係が良くなりますよ!
    言い返す事が難しい性格ならその方がいいかもしれません。
    何か、見直しましたよ!ふわちょさん!

    返信削除

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。