2013年7月27日土曜日

精神障害者手帳

自分がわからない
このままではいけない
アルバイトを続けながら新しい就職先を探すにあたり考えていることがある
鬱病などメンタルに難がある人を採用している会社を探している
これがなかなか見つからない
当たり前だ
独身のメンヘラーオヤジなんて誰も相手にはしない
46歳にもなってぼくは何を探しているのだろう?
暑さで頭がおかしくなっているのかもしれない

リクルートなどには「精神障害者の求職者」専用サイトがある
しかし幅広く求職するには
精神障害者手帳(精神障害者保健福祉手帳)の取得が必要になるそうだ
当然だろう
企業は障害者枠で精神障害者を採用したいと考える
企業の義務として決められた採用枠を埋めようとするからだ
就職活動のために
ただ会社に就職したいがために精神障害者手帳を申請する
それは愚かなことだろうか?
その前に精神障害者の中高年を雇用しようとする会社があるだろうか?
それに精神障害者と認定されることで逆に進路を狭めることになるかもしれない
あるいは手帳を持つことでデメリットはあるかもしれない
精神障害者枠で就職すれば精神障害者として扱われる
仕事先で差別されて悲しい思いをする
人として負い目を感じて生きていくことになるかもしれない
それでもぼくは手帳の申請してみようかと考えている
何故なら
今までのぼくもまったくうまくいかなかったからだ

ぼくはもう25年近く心の弱さに苦しんでいる
ぼくはキチガイの部類に属する人だと思っている
他人に精神が異常だと気づかれることを怖れて心を閉ざしているところがある
つまり既に人として負い目を感じて生きているのだ
人が怖い 人から逃げる 人とうまくやっていけない
コミュ障で仕事がうまくいかず生活は困窮している
お金が無いのに仕事が続かない
このままではぼくは終わる
ぼくは既に社会生活で障害等級3級レベルの支障をきたしている

メンタルクリニックには数回通院したことがあるけれど現在は通院していない
現在は通院してないのだから主治医の診断者が手元に無い
診断書や意見書が無いと手帳の申請はできないみたい
通院していた時の診断は鬱病だった
その時にカウンセラーに言われた対人恐怖症や
場面緘黙症という診立ては病気ではない
病状が弱すぎる
手帳の申請は却下されるかもしれない
役所に申請に行くのが怖い
精神障害者の手帳制度について調べ始めて日が浅い
無知なぼくにはよくわからない
今手帳を持っている人
あるいは申請に断られた人
そして手帳を返した人

詳しい人がいたらぼくに教えてほしい



ランキングに参加しています ご厚意でクリックお願いします

にほんブログ村へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりシニア・中年へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 元ひきこもりへ

人気ブログランキングへ


18 件のコメント:

  1. たくです。
    働かなければと思いますが、なかなか一歩を踏み出せません。
    生活保護も申請しようとおもっても病院行かなきゃダメかな~なんて考えたりします。病院に行くのもなんか嫌なんですよね。
    20年以上前に、まだうつ病なんていわれてない時に、精神科にいって絵を描かされたことがあるくらいです。とにかく、家から出たくない、他人の目が気になって、何をするのもきょどってしまいます。

    返信削除
    返信
    1. たくさんも通院歴があるのですね
      お互いに
      どこに相談したらいいかわからない
      相談するのが怖い
      悩みは同じだと思います

      しかし薬には必ず副作用がありますから
      できるだけ病院にはいかないほうがいいですよ
      働く事から遠ざかるだけです

      削除
  2. 初めてコメントします。

    自分も同じ事を考えてました
    大学受験でパニック障害になって以来、心療内科に通いながら社会になんとか適合しようとしてきましたが、30代後半でとうとう限界がきて、今無職です。

    もう普通に働くのは無理ではないかと思い、精神障害者枠はどうなのかと思ったり、やっぱそこまでではないのかと思ってみたり。仕事してなければそれなりに精神が安定しているので・・・・・

    適応障害者枠などどいうものができないでしょうか。
    悩ましい今日この頃です。

    返信削除
    返信
    1. クロフネさんどうも

      ぼくも働いていないと精神が安定するのですが
      今度はお金の悩みができてしまって
      やっぱり気がおかしくなってきてしまいます

      サマージャンボやロト7が当たれば精神が安定すると思うのですが(笑)
      本当に貧乏は悩ましいです

      削除
  3. はじめまして、度々ブログを読ませてもらっています。

    いきなりマジレスで恐縮ですが、ハローワークの障害者枠であれば、手帳がなくても
    医師の診断書のみで登録可能です。(私の住んでいる地域では)

    手帳を取得するにもそれなりに時間がかかりますので、まずはお近くのハローワークへ
    相談してみてはいかがでしょうか。

    返信削除
    返信
    1. 人間嫌い3級ですか
      ぼくは2級くらいかな

      ハローワークの相談員はちょっと・・・トラウマがあります

      個室じゃないから周囲の人に会話を聞かれてしまうのも嫌ですね

      削除
  4. 私も発達障害の認定がされるか試しにいきましたら、
    されないような感じでした。対人関係が苦手、というのは
    居場所の確保が大変ですね。最近は障害者求人も増えてきたようで、
    そういう道も1つの選択肢としてありだと思っています。
    無職やブラック企業で働くよりは、マシかなと。

    返信削除
    返信
    1. 吉田さんは普通に働けそうですけれどね
      しっかりとした自我を持っているし

      ブログ頑張ってくださいね

      削除
  5. 詳しくなくてお力になれるコメントが出来ない事を先に詫びておきますね。すみません。

    私は35年間苦しんでいます。
    鬱の繰り返しと全般性不安障害で社会復帰が上手く進まず無職です。

    手帳がある人は国からの援助がある
    でも軽い精神疾患だからと手帳の交付の対象にならなかったとしたら健常であると認識され
    出来ないのは病気や症状のせいではなく自身の力不足とみられ自力で生きていかされる
    手帳を持ってる人と変わらないぐらい仕事に就くことへ支障があるのに国から世間から死角になっている
    時々そう思ってやるせなくなります。

    だからと言って手帳を出してもらえたとしても精神障害者と認定されてしまう…
    手帳の交付もどこかで線引きしないと誰もが鬱だと偽り障害者年金を横取りされてしまうわけだし…

    ぐるぐると考えていると結論としてこんな自分だから悪いんだと尚更に落ち込んでお先真っ暗になりますね。

    気持ちは充分わかりますよ。どうしていったらよいのでしょうね。辛い。

    返信削除
    返信
    1. ここさん
      同じ悩みですね
      中途半端な弱者に国や世間は冷たいです
      助けてと悲鳴を上げても誰も聞いてくれません
      まったく努力しなかった人の方が幸せに暮らしている気がしてなりません

      削除
  6. このコメントはブログの管理者によって削除されました。

    返信削除
  7. ふわちょです

    皆さんのコメント参考にさせていただきます
    ありがとうございます

    ぼくもいろいろと調べてもみましたが
    やはりまず行動しなければと考えております

    今週に通院していたメンタルクリニックに相談してみます
    行くのが怖ければ
    まず電話で相談してみようかと思っています

    返信削除
  8. 参考までに2013年7月28日 21:46

    精神障害者枠で、実習生としての賃金額について精神障害者手帳を 取得し、障害者枠で最初の数ヶ月間は、民間の就労支援機関からの 斡旋により、 実習生という形で働く予定なのですが、賃金(工賃)が1日あたり千 円程と少しの交通費という条件なのですが。

    企業と直接雇用するまで、実習生の身分ではこのいわゆる「実習生 の工賃」を甘んじて応じ我慢しなければならないのでしょうか? 自治体ごとに決められている、最低賃金法に抵触しないのでしょう か? 私には月々支払うものもあり、数か月アルバイトも出来ず、工賃だ けではとても生活出来ません。

    どなたかよいお知恵を拝借頂けないでしょうか?宜しくお願い致し ます。


    ベストアンサー

    >企業と直接雇用するまで、実習生の身分ではこのいわゆる「実習 生の工賃」を甘んじて応じ我慢しなければならないのでしょうか?

    我慢です。特にこの枠だと、就職率はゼロに近いです。 体慣らしのためだけと、お考えください。

    最低賃金の件は、ハローワークの職員さんからの情報から得ました が、 合法です。(雇い主さんが万が一、使えない時に解雇しやすくする 要は、リハビリで使ってあげているという高飛車な意味もあります )

    返信削除
    返信
    1. シビアですがそれが現実なのでしょうね

      うーん
      厳しい
      やはりぼくの考えは甘かったようです

      削除
  9. こんばんは^^
    偶然にブログ拝見させていただきました

    住んでる地域にもよりますが
    福祉課のある区役所に行かれてはいかがですか?
    そこにケースーワーカーさんが居ます

    ハーローワークの障害者枠のお仕事へダイレクトに
    応募されるよりは...
    ケースワーカーさんに紹介してもらい
    精神専門の作業所(地域活動ホーム)等を
    ご紹介してもらうといいですよ
    作業所の規模にもよりますが20人程度が
    そこへ通い下請作業や生活プログラム、レクなどをして
    通ってきている方々とコミュニケーションを
    はかりながら社会復帰目指します

    支援をしてくれる作業所職員さんも
    当事者の辛さを理解してくれる方々ばかりですし
    将来に向けて就労支援もしてくれると思います

    右手が思うように動かないとは?
    身体表現の影響とか薬の副作用とか
    色々ありますよね
    病院も一箇所で決めず、自分に合ったトコを
    探してみて下さい

    返信削除
    返信
    1. 匿名さんのアドバイスはよくわかります
      しかしぼくの場合は老いた両親を養っていかなければなりません
      そのために働いてお金を稼がなければならない
      それなりに高い給料が必要なんです
      ですから作業所の仕事では両親を養えません
      社会復帰のために若者達に混ざってレクをしている余裕はないです(笑)

      就労支援を受けるには
      ぼくが歳をとりすぎたのでしょうね

      削除
  10. ぼくはギリギリ働けます
    自分なんか
    まだまだ健康な方なのかもしれませんね
    まったく働けない
    精神病院の薬無しではいきていけない人がたくさんいますから

    ぼくは精神障害者と認定されて
    安定した仕事に就きたいなと考えているだけなのですが
    考えが甘かった気がしてます

    返信削除
  11. 「ボクは精神障碍者だ」の著書を書いた者です。皆さんなんか焦っておられるようですね。今の自分でいい。そう思いましょう。人は人自分は自分です。自分なりの哲学があれば問題ないと思いますけどね・・・。一口に哲学といっても人生の哲学、人生哲学ともいいます。これを貫きとうすことですね。ゲーテだったかな「健康な人には病気になる不安がある。病気をもってる人には回復する楽しみがある」という言葉すらあります。ご自分が甘いとか思わないで下さいね。御病気をお持ちならそんなに頑張る必要ない、と思います。それが、病気を早く治すコツなんではないでしょうか。

    返信削除

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。