2013年7月26日金曜日

他人のブログ

他人のブログを読むことを楽しみにしている
しかしなかなか更新してくれない
「仕事を始めました」
と書いてからそのまま何か月も更新をほったらかしているブログがある
どうして更新をやめてしまうのだろう?
ぼくが知りたいのはその先なのに

社会復帰にチャレンジして就職をする
その後の苦闘を知りたい
同じ悩みを抱えて苦しんでいる人のブログを読むと
共感し同情して胸が熱くなる
正直に書けば
自分に似た人を見つけてホッと安堵することもある
不謹慎だけれど
不幸な人が苦しむ姿を見て逆に勇気づけられることもある
本当におもしろくなるのはこれからなのに
更新をストップしてしまうのは残念でならない

更新しない理由は下のどれだろうか?
仕事が忙しくてブログどころではない
仕事のことで頭がいっぱいでブログのことは忘れてしまった
仕事が軌道に乗ったのでブログをやめた
仕事に失敗したことが恥ずかしくて何も書けない
仕事に失敗して無気力状態で何も書けない
単にブログに飽きた
ツイッターに流れた
死んだ

ぼくのブログの書き方は普通と少し変わっている
マイクロソフトのWordで文章を書いている
Wordは使い慣れているので書きやすいからだ
まずパソコンでWordを開く
今感じていることを素直にWordに打つ
淡々と
日々の出来事
過去の忌々しい記憶
ぼくの心の闇を正直に綴っていく
そして話の筋道と文体を整えてからコピーしてブログにペーストする
記事に花を添えるつもりで
デジカメで撮影した画像を貼ったりしてから投稿ボタンを押す

この作業の時間は15分から20
恥ずかしい話だけれども
ぼくはキーボードのブラインドタッチどころか両手打ちもできない
(左手が思い通りに動いてくれないので)
今この時も右手だけでキーボードを叩いて記事を作成している
そしてぼくの記事は他人のブログと比較すると長文だったりする
そんなぼくでも20分もあれば事足りる
愚痴日記でいい
「仕事を辞めた」の一文でもいい
短い文章ならすぐに投稿できるだろう
心の弱いチャレンジャーにこそブログを続けてほしい
ぼくに勇気を分けてくれないか?



ランキングに参加しています ご厚意でクリックお願いします

にほんブログ村へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりシニア・中年へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 元ひきこもりへ

人気ブログランキングへ


8 件のコメント:

  1. 仕事で理不尽なことや、嫌な思い、仕事を辞めたい、
    そんな思いをしている時にこのブログに出会いました。 

    不幸な人が苦しむ姿を見て逆に勇気づけられることもある

    まさにその通りなんです。あの時も、今もあまり状況は変わりませんが何度かこのブログに救われました。仕事より、人間の汚さに日々うんざりしていますが、もう少しだけ頑張れる気がします。




    返信削除
    返信
    1. 猫ぱんちさん
      こんばんわ

      うん
      わかりますよ
      ぼくは悲観的なブログの方が好きなんです
      心に響きますからね

      ぼくも悲観論者だと思います
      根が暗いのでしょう
      かっこつけないで日々の暮らしぶりを淡々と書いていたら
      こんなブログになってしまいました
      でも明るい時もあるんですよ

      削除
  2. ふわちょさん、おはようございます。
    Word使い慣れているんですか。
    羨ましい…。
    自分は、ブラインドタッチはできるんですが、
    仕事で議事録とかをWordで作成するときに、
    使い方がよくわかっていないために、
    ものすご~く時間がかかります。
    それに、右手だけで入力しているっていうのも
    スゴイです。
    よく長文を入力できるなぁって思って。

    まとまった夏休みはとりづらいですが、
    有給はちょこちょこ入れさせてもらっています。
    だから、恵まれている方です。

    返信削除
    返信
    1. ぱるおさん
      いつもありがとう
      ブラインドタッチができる人には憧れてしまいますね
      実際にそばで見ていて
      おぉ!かっこいいと思いますから
      ぼくの左手が動くのはshiftボタンを押す時だけです(笑)

      ですからIT企業とかは絶対に就職できない
      パソコンを使う事務系も無理
      仕事を探すのにもスキル不足を痛感することがあります

      削除
  3. ふわちょさん、お久しぶりです。
    >同じ悩みを抱えて苦しんでいる人のブログを読むと共感し同情して胸が熱くなる/正直に書けば自分に似た人を見つけてホッと安堵することもある/不謹慎だけれど不幸な人が苦しむ姿を見て逆に勇気づけられることもある・・・・ふわちょさん、あなたはとても正直な人ですね。シンセリティーを感じます。「上見て暮らすな、下見て暮らせ」という言葉は差別に悪用されたと聞いたことがありますが、これって煩悩具足の凡夫である人間のホンネでもあると思います。自分より恵まれた人、特に経済的に余裕のある人をテレビなどでみても励まされることはあまりなく、むしろ妬みが生じたりします。逆に仲雅美さんが今は交通誘導のガードマンでジリひんの生活を送っている姿を番組でみた時には二枚目俳優だった彼が意外と根性あるなあと励まされました。で、僕はふわちょさんが一流大卒で電気関係の技術を持っておられ、アルバイト的に数万円の収入を稼げる腕があることを拝見して羨ましく思ったものです。それにあなたの収入の額も自分の倍以上でした。ただ、あなたの扶養家族が自分とは違うというだけで、単身者なら十分に社会人として自活できているはずです。あまり卑下なさらず自信を持って下さい。それと精神障害者保健福祉手帳の取得、前向きに考えてゆかれたらよいと思います。実際、あなたは鬱病と診断されたことがあるんですよね。それなら社会保障制度を使う資格があるはずです。遠慮することは制度の意義に反します。使うべき人が使うためにあるのですから申請して下さい。勇気がいるとは思いますが、生活がかかっているのでやるっきゃないですね。祈って活力を得てください。ちなみに自分の妻は双極性障害(躁鬱病)です。級として3となっています。彼女は大学生の時に国民年金に加入していなかったために障害者年金受給資格を喪失しました。しかし同じ立場の人が訴訟を起こして特別給付が月にして4万円ほど出ます。それでは生活のたしにしかならないので、生活に支障ある体ですがパートに出ています。クスリで安定はしているものの時々軽躁状態があるので、自分としては仕事をさせたくないのですが、いかんせん自分は安定した仕事がなくて新聞配達のようなことしか出来ず妻のパート収入と同程度しか稼げず不甲斐なく思っていたので、最近、やっと見つかった男性向きのパートで木材工場に出るようになりました。夕刊配達と両立できる点だけはよいのですが、実際に入ってみると戦時中の捕虜がさせられたような重労働で、4mや3mで20kgほどの板を担いで所定の位置に運んでゆくといった作業です。テコの原理を使えというのですが、それだけでは運べません。どうしても担ぐことになります。滝のように長い板が降りてきて、滝つぼのようなところに溜まってゆくのでスピードも求められます。環境的にもオカクズの細かい塵が舞っていて、塵肺になる危険性があるのでマスクをしているのですが、これが息苦しくて作業がはかどりません。やばいとこに入ってしまったなあと思いますが後の祭りです。いつまで続くかはわかりませんが、まずは盆休みまでを目標に頑張っています。出勤前はとても憂鬱です。見学した時はラクなところしか見せなかったし、教育の時も仕事の内容はほとんど言わなかったし、むしろ軽い感じでほのめかしていたのです。保険も雇用保険があるなどと言っておきながら、後になって実はあれは間違いで労災のみだと言い出しました。ハローワークには仕事の内容はもちろん、福利厚生の関係もウソが書かれてある場合もあるということですね。ブラック企業に近いのかもしれません。今の自分にとってかすかな希望は参院選での日共の躍進です。本当に労働者のことを考えている政党は日共です。自分たち夫婦も党員です。雇用に関する精神障害者の件も日共に相談したら道が開けると思います。

    返信削除
    返信
    1. こへれとさん
      確かこのブログができて最初の頃にコメントくださったのが
      こへれとさんでした
      あの時と同じ長文ですね

      新聞配達の他に材木工場にも勤めるようになったのですね
      夏は汗にオカクズの塵が付いて服や顔が汚れるでしょうね
      それに騒音
      製材機械の音はすさまじいから慣れるまではたいへんでしょう
      近所にプレカット工場があるのでよくわかります

      日本共産党には頑張ってほしいところです
      賃上げやブラック企業撲滅よりも
      ニートやフリーターの採用枠を作るようにしてほしいです

      削除
  4. ふわちょさん、長文ですみませんでした。読みづらかったことでしょう。と言いながら、また長文になってしまいましてすみません。騒音とはまさにそうです。耳栓が義務付けられていますが、すでに難聴になりかけていて、家でTVのボリュームが上がり気味になりました。25でも十分だったのが30も必要になるような感じです。でも自分はそれより塵肺の方が恐いです。今日もマスクしてると意苦しいので、ついついマスクをつまんで空気を入れてしまいます。それでは意味がないのですが、重労働なのでマスクしていると酸素不足になるのです。これがいちばんしんどいところです。2週目の今週が正念場です。今週を乗り越えられれば盆休みまではいけて、1カ月はもちます。そして8月末までいけたら、9月はいけそうに思います。9月いっぱいいけたら、あとは勢いで年内はいけるかもしれません。心筋梗塞か脳梗塞にでもならなければの話です。寄る年波には勝てません。40代から50代に入ってがくんと体力が落ちた気がします。入社用の健診では視力がPCの関係で1.2から0.5くらいまで落ちてショックでした。

    返信削除
  5. はじめまして。
    私も1人で悩んでいて、誰にも言えずに辛かったのですが、他の方のブログを読むことで気がラクになりました。
    自分でも、辛いこと、ネガティブなことをブログに書き始めましたので、気が向いたら読んでいただければ幸いです。
    http://livedoor.blogcms.jp/lite/blog/kissoflife0319/article/

    返信削除

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。