2013年7月17日水曜日

再起

ぼくの眼は飛蚊症
いつも視野に黒い点や糸屑や気泡がウロウロしているのが見える
目を指で擦ってもとれない汚れだ
加齢が原因だという
薬で治る疾患ではないらしい
黒い点と糸屑がぼくの眼の中で同居している
ぼくは残りの人生永遠に見え続けるだろう
慣れてしまったがストレスにはなっている

最近の暑さで悪い眼を更に痛めた
仕事中に汗が大量に眼に入ったのだろう
おそらく熱湯や調味料なんかも眼に入ったと思う
ずっと充血しているし目が霞む
起床すると目ヤニで眼が開かない
手でこじ開けてから起床している
ぼくは視力についてはかなり無頓着
むしろ何も見えなくなった方がいいかなとさえ思っている
そうすれば他人の視線を気にしないで済む
人の冷ややかな目に気づかないで済む
確実に今よりも幸せに生きていける
そんな気がしている
目が見えない事に憧れているのかもしれない
眼科医には行かず
適当に市販の目薬をつけて仕事している
もう病院はいい


アルバイトも自営業のナンデモ屋も悪い意味で安定してしまった
行き止まりを感じて久しい
このままではいけないという焦りばかりが募る
日照時間の少ない今週はとても涼しく感じられる
疲労感が薄れて気がまわるようになってきたので行動した
ハローワークに行ったり
ネットで求人検索をしてみたものの
長く勤めるならここだと言える仕事を見つけることができなかった
登録してあった派遣会社からも連絡があった
お盆休みによる人手不足の代替品になれということらしい
短期の仕事ならいらないと断った

ぼくは仕事を探しているのか?
それとも
すでにわかっている答えをわからないフリして仕事を探しているのか?
わからない
わからないけれどあきらめずに挑戦は続けたい
また雨が降ってきた
涼しい今のうちに決着させたい



ランキングに参加しています ご厚意でクリックお願いします

にほんブログ村へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりシニア・中年へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 元ひきこもりへ

人気ブログランキングへ


4 件のコメント:

  1. 僕も飛蚊症です 20歳過ぎぐらいからなりました。
    ストレスになりますよね。10年ぐらい付き合ってます。
    晴れの日とか空をみると・・・・白い壁をみると・・・
    まぁ、慣れてはきましたが。誰か薬、発明してほしい。

    返信削除
    返信
    1. わかります

      晴れの日に空を見ると
      視界を糸くずや点がウロウロしています
      ぼくは右目だけだけれど匿名さんは両目ですか?
      20代からだと辛いでしょうね
      海外で手術する人もいるみたいですね
      まだお若いですから手術という選択もありますね

      削除
  2. ふわちょさん、こんばんは。
    目は大事にしたほうが良いですよ。
    人の目を気にしなくていいっていう部分はすご~くよくわかりますけどね。
    見えないことによって、かなり不自由になると思います。

    良い仕事みつかると良いですね。
    自分は、今の仕事がたぶん性格的に合っていると思うんだけど、
    辞めたい病が常に付きまとっています。
    贅沢かもしれないですね。
    勤続20年まで頑張って、その時、まだどうしても辞めたいようなら、
    その時は、憧れのパート生活に入るつもりです。

    返信削除
    返信
    1. ぱるおさん
      仕事行きたくない病と仕事辞めたい病に憑りつかれているぼくですが
      しばらくは今のアルバイトを続けていきます

      正社員とパート
      どちらがいいのですかね?
      仕事を探すと頭が混乱して
      よくわからなくなってしまいますね

      正社員でもパートと同等の待遇な会社が多いです
      その一方で
      パートでも正社員と同等な責任を負わせる会社ばかりです
      うーん
      時代についていけなくなっちゃいました

      削除

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。