2012年11月16日金曜日

まさかの7連勤


「会社の昼休みは自分の車の中で休んでいるよ」
母親にそう言ったら
「休憩時間に会社の人と話したりはしないの?」と聞かれた
まったく
母はまだぼくが普通でないことを全然理解していない
ぼくは母親に自分の精神疾患について詳細に説明した
対人恐怖症で回避性人格障害
今夏からは軽い鬱病持ちで薬に頼っている
母にはメンタルクリニックで処方された薬の効能について
ひとつひとつ説明してぼくの苦しみのすべてを理解させた
理解させたつもりでいた
しかし母はぼくを今も高潔な王子様だとでも思っているようで
ぼくの将来を諦めてくれない
かわいそうなぼくの母親はぼくを信じ続けている・・

母はぼくと正反対な性格をしている
社交的で明るい人
細かい事は気にしない大雑把な性格
玄関ドアの鍵を二度も紛失している人だ
忘れっぽくておっちょこちょい
アニメのサザエさんによく似た性格かもしれない
そんな母親だからぼくは良い親子関係でいられるのかもしれない
何せ今年だけで7回も転職したバカ息子だ
仲が悪い親子なら口論かケンカか
最悪刃物沙汰になっていることだろう
忘れっぽい母親だから
このぼくもノホホンと暮らしていける

いい歳をして母親に甘えていると言われればそのとおりで
軽蔑の目で見られようが
笑われようが
(実際、ぼくは親戚からバカにされています)
ぼくは全然気にしない

親子で何でも言い合える仲になって
ケンカせずに仲良く暮らしていくのもなかなか難しいものですよ
両親を本当に大切にしていますか?
親を自分より下に見ていませんか?
義務というだけで扶養していませんか?
親と何でも話し合うことができますか?
親を人として本当に尊重していますか?
ぼくをバカにしている親戚に
ぼくはそう問い返してやりたいです
うちの金魚、コメットです
文章とは全然関係ないです(笑)


それから話が変わりますが
明日も明後日もぼくは仕事です()
来週中に振替休日を取らせてもらえるそうですが
働くことが嫌いなぼくが7連勤以上になるとは・・
労働時間は週40時間という労働基準法は
どうやらぼくを助けてくれないらしい
もう疲れたよパトラッシュ・・

ぼくはですね
働くことが大嫌いなんです!
本当に声を大にして言いたい気分です


ランキングに参加しています
ご厚意でクリックお願いいたします

にほんブログ村へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりシニア・中年へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 元ひきこもりへ

人気ブログランキングへ



2012年11月15日木曜日

薬漬けと残業の日々


残業に追われて疲れていたために久々の投稿になってしまいました
今月から勤めた工場
ぼくは期間工という身分で働いています
今回はできるだけ長くここで働きたい
せめて3年間はここに居たい
海外移転を計画している車関連の会社だから
いずれはこの工場も閉鎖されるか縮小されるだろう
そこで会社の総務に言って
会社都合で辞めさせてもらおうと思う
会社都合で辞めることになれば雇用保険を長期間利用できる
いっそ生活保護を受けてみようかな
ぼくはそんな甘い考えを持っている・・

仕事はきついです
毎日残業があります
さらに今日からぼくに対しての指導が厳しくなりました
パワハラでは無いのですが厳しい口調で指導を受けています
指導する側の人もぼくにミスがあれば上司から叱られる
だから厳しく小言を言われることはしょうがない
ぼくは謙虚に仕事を学ばせていただいていると思うようにしています
でも本当はその人が怖くて怖くてしかたがない
いつもその人に監視されているような気がしてぼくは恐怖感と戦っています
この恐怖感は明日も来週も来月も続くのかな・・
(あの人、死んでくれないかな・・)
疲労がピークに達した今夜にはそんな酷い事を考えてしまいました

うちの金魚(文章と関係ありません(笑))

 
逃げ道は自分で塞ぎました
小中学生時代
あたりまえのように小中学校に通学していたように
ぼくはあたりまえのように会社に通勤していこう
仕事から逃げてはいけないと決意しました

でもぼくはとても心が弱い
だからつい薬に頼ってしまいます
メンタルクリニックでもらう薬の他に
市販のロキソニンやセデス錠を
まるでラムネ菓子でも口に入れるかのように一日に何度も服用しています

そしてぼくが今年これまでに勤めた会社で会った人達
・イジメやパワハラを受けていた人
・ひとりぼっちで孤立していた人
・何も会話しないでトイレに隠れていた人
そうしたぼくに似た人達のことを思い浮かべるようにしています
あの人達は今も辛い思いをしながら
今もあの職場で身を削りながら働いていることでしょう
そう思うと不思議と勇気が湧いてきます
彼らも逃げずにがんばっている
ぼくにだってできるはずだ
逃げてはいけない
逃げてはいけない
今週はずっとそんな思いで働いています

ランキングに参加しています
ご厚意でクリックお願いいたします

にほんブログ村へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりシニア・中年へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 元ひきこもりへ

人気ブログランキングへ



2012年11月11日日曜日

知らないことが多すぎて


仕事の疲れのせいだろうか
両手が腫れてしまって強く握ることができない
先週の一週間でぼくは握力を使い果たした
月曜日から金曜日まで毎日残業がありました
一日9時間休むことなく両手を使って働いた
ぼくが先週から勤め始めた工場でのパート仕事
とにかく手を指を使う仕事でした
重さ約2kgの製品を検査する作業を朝から晩までくりかえした
1 2 3・・・100 200 300 ・・・・・・・・700
700回も2kgの鉄でできた製品を手に持って
グルグル回転させて欠陥の有無を確認した

朝から晩までグルグルグルグル
指を酷使した為か
3日で厚手のゴム手袋の指先に穴があいてしまった

土曜日
指先から手首にかけて腫れ上がる
痛くはないが熱を持っていて痺れている
ぼくはとても疲れました

疲れの原因は一日中立ちっぱなしの仕事だというせいもあります
周囲を見渡せば男だけの職場
どうやらこの工場もガテン系らしい
しかしぼくよりも年輩のおじさんが多いことが救いだ
職場に高齢者が多いという事は良いことだ
それだけ長く勤められるように社員を大切にしてくれるか
慣れてしまえば辛くない長く勤められる仕事か
よくわからないがそのどちらかだと思う

よくわからない・・・
職場で他人とのコミュニケーションが苦手な
ぼくのような労働者にとって一番困ることは
職場内で情報弱者になってしまうことです

なにせぼくは
一週間でまともに会話をした人がひとりもいないから
職場での上下関係がわからない
各社員達の性格がわからない
どこの場所で休憩していれば仲間外れにならずに済むのかがわからない
朝と休憩明けの何時何分に職場に集まっていることが適切なのかがわからない
ぼくは情けない
何もかもがわからない
職場というのは厄介なもので
職場で絶対に仲良くしなければならない人もいれば
話しかけてはいけない人もいる
何もかもが全くわからないで困っています

土曜と日曜
腫れた両手を湿布で冷やしながら休日を過ごしました
土曜日には両親と3人でうどんを食べに行きました
家族での外食はひさしぶりです
仕事をしているからこそ外食ができるし楽しく思えるものです
両親を連れての外食
思えばぼくは
こんな休日が訪れることをずっと願っていました
肉汁うどん美味しかった♪



両親はほうとうを食べました



父さん母さん
放蕩息子と一緒に食べるほうとうの味はどうですか?
ぼくは働く意味さえもわからない愚か者です
体は疲れてフラフラ~
しかし心はとてもハッピーな休日です

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

ランキングに参加しています
ご厚意でクリックお願いいたします

にほんブログ村へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりシニア・中年へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 元ひきこもりへ

人気ブログランキングへ



2012年11月8日木曜日

運がいいのか悪いのか


一見
ぼくは陽気で明るい話好きな青年に見られる事が多い
芯の強い生意気で強靭な精神の持ち主に見られる事が多い
しかし本当は真逆で
おとなしい寡黙な中年です
そして精神疾患がありメンタルクリニックに通院していたりもする

子供の頃から
ぼくは他人から変にライバル意識を持たれたり
暴力的な口の訊き方をされることが多かった
(こいつには何を言っても大丈夫だろ)
(こいつは生意気そうだから一発凹ましてやろう)
そうした偏見や先入観から発せられる言葉
ぼくは他人の言葉に心を傷つけられて何回も何回も恐怖した
社会人になる頃には人間嫌いになり孤独にも慣れてしまっていた
いつの間にかひとりぼっちでいることが好きになっていた

40歳を過ぎたおじさんになってからも
ぼくの苦悩は続いています
(こいつは話好きだな
きっと職場の皆に溶け込んで仲良くやっていけるだろう)
ぼくはそうした職場の人達の期待を裏切り続けてきた
緘黙の症状に苦しみ
会話の輪に入れない
挨拶ができないどころか視線さえも避けてしまう
(アイツは嫌な奴だな)
(俺のことを無視しやがって・・・)
どこの会社に入っても結局はそういう顛末(てんまつ)になります
いつだってそうでした
自分で自分の首を絞めるような状況・・
職場で心を落ち着ける場所が無くなり
追いつめられては逃げるように会社を去った



今度の職場はどうなるだろうか?
今のぼくはひとりでランチを食べています
そして食堂の混雑を避けて大急ぎで食事を済ませて外に出ます
休憩中も他人とは群れず
暗い休憩室の隅の椅子にチョコンと座り
好きなタバコも吸わずにジッと気配を消しています
孤独には慣れている
話好きな明るい男と誤解される事が怖い
だからぼくは今意識して誰とも話さないようにしています

どうやら
ぼくは今の会社の人達に派遣社員とカン違いされているらしいです
だから初日からいきなり2時間も残業をさせられたことにも合点がいく
ぼくよりも下の人間はいない
この会社ではぼくが最下層の社員です
自分は最初から職場の仲間ではなく
残業して当たり前の補充要員だと思われている
仕事以外のことでは
誰もぼくのことを相手にせずに放置してくれている
ぼくは使い捨てなのだ

こんなことは今までありませんでした
まったく経験したことがない職場環境
しかし
これまでのように期待されて失望されるよりはいいかもしれない
この環境は運がいいのかな?
ただ黙々と仕事をしていればそれでいいなら
ぼくはそのほうが気楽でいい

ランキングに参加しています
ご厚意でクリックお願いいたします

にほんブログ村へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりシニア・中年へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 元ひきこもりへ

人気ブログランキングへ



2012年11月6日火曜日

みなさんのおかげです


今年の初夏から始めたぼくのブログ
これがぼくの100回目の投稿になります
いつの間にかページビュー数も30,000を越えた
ぼくのブログの値段は0
このブログで1円も広告収入を得ていません
もしも誰もぼくのブログを見てくれなかったとしたら
ここまで続けることはできなかった
ぼくの愚痴と泣き言に付き合ってくれました皆さん
ダラダラと長い長い文章を読んでくれました皆さん
ご覧いただいたすべての皆さんに感謝いたします
ぼくのブログは長文です
(バカじゃないの?)
(おまえ、なげーよ)
と思われている人も多いと思います
確かにほとんどの人のブログは短文で簡潔です
長文の投稿はぼくのこだわりなのです
わざと長文を書いています
23行の文章でならツイッターや匿名掲示板でいいのでは?
それがぼくの持論だったりします
短文のブログを批判しているわけではありません
考え方は人それぞれ
みんな違ってみんないい(by金子みすず)
そう思っています()



ぼくは月曜からパート社員として
新しい工場で働いている
今年7社目だったかな?()
今年何回目の転職だったのか
もう忘れてしまいました
まだ入社して2日目ですから職場の全貌(ぜんぼう)が見えてこない
2日勤めてみて
わかったことを書いてみます

新しい職場の良いところを3
休憩する場所がたくさんあること(誰も居ない所で休めます)
昼休みは自分の車の中で休めること(上に同じ)
中高年と外国人が多くて人間関係が希薄なところ(これはまだわかりませんが・・)

新しい職場の悪いところを3
ぼくのグループのリーダーの言葉使いがとても悪いこと(最悪です本当に最悪です)
毎日当然のように残業があること(入社初日から残業でしたので先が思いやられます)
会話する相手がいないこと(毎度のことではありますが・・)

今月は精神的に苦しい日が続きます
人間関係は現状維持でしたら
今の状況でしたらぼくは我慢して働いていけると思っています
どうかこのままで
これ以上悪い事が起こりませんように・・
最近のぼくは
神様に祈るように手を合わせることが増えました
気持ちが少しだけ落ち着きます
明日もガンバリます


ランキングに参加しています
ご厚意でクリックお願いいたします

にほんブログ村へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりシニア・中年へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 元ひきこもりへ

人気ブログランキングへ



2012年11月3日土曜日

土曜日の退屈


何故ぼくは会社勤めが長続きしないのだろう?
いつも何に嫌になって職場から逃げ出してしまうのだろう?
同じことを繰り返していてはいけないと思う
会社勤めが長続きしない原因を認識して
その原因となっているものを克服していかなければなりません

会社勤めが長続きしない根本的な理由は
ぼくの心の弱さにある
それはわかっています
対人恐怖症 回避性人格障害 場面緘黙症 ひきこもり 鬱病
ぼくには社会に適応する能力がありません
しかしぼくと同じような心の疾患を抱えながら
負けずに頑張って会社勤めをしている人はたくさんいる
言い訳にはしたくないです

会社勤めが長続きしない原因
ぼくの場合はやはり人間関係にあります
以前「VSコミュ障」に書いたことがあるのですが
コミュニケーション能力に難がある人が
コミュニケーション能力に難がある人を
イジメたり中傷したり仲間外れにしたりするとぼくは思っています

ぼくはパート社員(非正規社員)が苦手です
ぼくもパート社員(非正規社員)であるくせに
パート社員(非正規社員)が苦手というのは実に変な話かもしれません
正社員の人と話していたほうがぼくはホッとするのです
正社員の人のほうが頼りになるし相談もしやすい
ぼくは素直に甘えられる
それに仕事に対して真面目なので向上心を刺激されますからね

パート社員(非正規社員)
特に男たちは
口が悪くてブッキラボーな人が多い
無口で仲間の群れの人としか話さないという人も多い
休憩室でパチンコの話ばかりする子供みたいな人が必ずいたりする
自分達が他では通用しない負け犬の集まりだということに気づいている
(ぼくも自分のことを負け犬と思っています)
だからお互いに心のどこかでお互いを軽蔑し合っている節がある
その人がいない所で悪口や噂話をすることが大好きだ
そして新人のパート社員(非正規社員)を異物の様に扱い好奇の目で見てくる
「こいつ暗い奴だな」と思われたら最後2度と話しかけてくれなくなる
ぼくはいつも
「ぼくはこの人達とは違う」という疎外感に苦しめられてきました


コミュニケーション能力に難がある人がぼくの敵なのかもしれない
ブログの世界でも同じ
ブログで中傷されてもぼくは全然気にしないように
職場で何を言われても気にしないようにする事が克服への第一歩になるでしょう
何を言われても気にしない
負けるものか・・・

と思いたいのですが
どうなるでしょうかね次は

部屋にひきこもっていると思考が過激になってくる
これではいけない
午後はデジカメを持ってドライブでもしてこようかな
明後日から新しい仕事が始まります
笑顔だけは忘れないように・・


ランキングに参加しています
ご厚意でクリックお願いいたします

にほんブログ村へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりシニア・中年へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 元ひきこもりへ

人気ブログランキングへ



2012年11月2日金曜日

ぼくの副収入


晩秋ですね
ホットコーヒーが美味しい季節になりました
タバコを吸いながら飲むホットコーヒーは最高の贅沢です
生きていて良かったという気持ちになれる
ぼくにとっては至福のひとときです
ぼくが吸うタバコの銘柄は赤のラーク
タール12mg  ニコチン1mg
ヘビー級のニコチンタール量ですが
部屋にひきこもっている時は130本吸ってしまいます
タバコのヤニで部屋が汚れてしまいますので
最近になって部屋の天井に換気ファンを設置しました

ぼくは電気配線をする技能があるので
自分で部屋のコンセントを増設したり
トイレや浴室に換気ファンを新設したりしている
実はこれがぼくの現在の副業にもなっています

父や母の友達である御夫人の家に呼ばれて
防犯ライトを外庭に設置してあげたり
火災報知器を室内に取り付けてあげたり
地デジやBSアンテナをベランダに取り付けてあげたりして
おこづかいを稼いでいます

ぼくは営業や宣伝を何もしていない
入る仕事は両親を経由して
(ぼくは電話に出ません)
両親の友達(10人くらい)からいただく簡単な電気の仕事だけです
だから収入は不安定だし
両親の知合いということで金額をふっかけるわけにもいきません
月5万円も稼げれば御の字といったところです
先日も農家のおばあちゃんのトイレの照明器具を取り換えてあげた時は
お金では無くて柿やイチジクやナスをたくさんいただきました
おばあちゃんいつもありがとう
でもたまにはお金が欲しいな()

依頼してくる人は皆ぼくの両親の友達という事で
ぼくがどのような人間であるか
ぼくの現在の生活をとてもよく知っている
親切にはしていただいてはいるが腹の内は
きっとぼくのことを笑っているかバカにしているのだろう
40を過ぎて独身で親と同居している定職もない男
気味が悪い男だと思われているかもしれない
これは大事な副業だから我慢しなくちゃと割切ってはいても
彼らに会うたびにぼくは負い目や屈辱感を感じてしまう
世間話を一応はするものの
自分の私生活には触れさせないようにしている
いや
相手方もぼくの私生活に触れないように気を使っているのかもしれない

コミュニケーション能力だけはバツグンに高いぼくの両親
それに比べて近所づきあいさえできないぼくは何なのだろう
まるで突然変異の様に無口でコミュ力ゼロに育ってしまったぼく
今は両親のおかげで副収入を得ることができてはいるが
この両親が死ねば誰もぼくなんか相手にしなくなるだろう
両親は貧しいけれども貴重な財産を持っている
「長年の人づきあい」というお金だけでは買えない財産
ぼくは今そんな親の財産で少し食わしてもらっているのです


ランキングに参加しています
ご厚意でクリックお願いいたします

にほんブログ村へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりシニア・中年へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 元ひきこもりへ

人気ブログランキングへ



ひそかな決意


来週から勤める工場は自宅からとても近い
工場の寮であるアパートよりもぼくの家のほうが工場に近い
通勤の苦痛が無いだけでもぼくはラッキーだと思いたい
(どうせ今回もうまくいかないだろう)という不安と諦めがある一方で
(次こそは、次こそは長く勤務したい)という密かな決意と願いもあります
密かな決意と願い
心の表面に出すのは怖い
勤めがうまくいかずに辞めるとなった時の失意が大きくなります
(また今回もダメだった・・・)
そんな失意と絶望感にさいなまれるのは辛い

会社から持参する書類を揃えておくように電話で指示されました
朝から役場に住民票をとりに行ったり
車検証や任意保険証や預金通帳のコピーをしたり
作業ズボンのベルトを買いに行ったりと
何かといそがしい午前になった


午後は趣味の川釣りに出かけました
平日だというのに釣り人が多くて驚いた
川魚は夏のほうがよく釣れます
今の時期は雨が多いために水を下流へ放流してしまうから川が浅くなっている
それに川の水も冷たくなってきているから魚が餌を食べに動かない
何も釣れてない人が多かった
ぼくもまったく釣れずに帰路に着いた
仕事が始まったらしばらくは釣りもお預けかなと思います
冬になって機会があればワカサギ釣りに行ってみたいな
海が無い県に住んでいるぼく
たまには食べられる魚を釣ってみたいものです

帰宅後
身辺整理を行いました
身辺整理といっても
これから自殺するために整理しているというわけではありません()
会社に持参する年金手帳や源泉徴収票を探しているうちに
いつの間にか部屋の整理整頓が始まり
気がつけば
自営業をしていた当時のいらない書類や
利用していないクレジットカードとかを処分するようになっていた
解約しなければならないクレジットカード類
保険証や年金手帳や預金通帳
他人には見せたくないDVDやメモリーカード
そうしたものを
ひとつの段ボール箱に収納してわかりやすくしました
もしもぼくが死を決意する時が来たらきっと役に立つだろう
死ぬ前にぼくは何をすべきか・・
ぼくはこの箱を開けば済むのだから簡単だ

何かと充実した1日でした
入社の準備はできた
来週が待ち遠しい
ぼくは次の会社に骨を埋めたいなと密かに思っています
だけど今はそんな決意と願いは心の片隅に隠しておきたい
少しずつ少しずつ心にアクセルをいれていこう


ランキングに参加しています
ご厚意でクリックお願いいたします

にほんブログ村へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりシニア・中年へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 元ひきこもりへ

人気ブログランキングへ