2012年10月31日水曜日

カウンセリング嫌い


来週からパート社員に採用が決まった会社から
指定する病院に行って健康診断を受けてくるように命令されました
健康診断と言えばつい先日に病院で国保の検診を受けたばかりです
まさかこんな短期間に
2度も血を抜かれて紙コップにおしっこを入れることになろうとは思わなかった
ぼくは今日「めんどくせーな」とボヤキながら病院で健康診断を受けてきた

ぼくは健康診断の最後に行う問診が苦手です
カウンセリングも人間不信のぼくには向いていない
なにせ親戚にさえ心を開けない自分だ
アカの他人の医者に何を相談しろというのか
ぼくは鬱病で対人恐怖症の中年ですとカミングアウトして何の得になるだろう
会社から採用を見送られるだけだ
だから口を開けば嘘ばかりついている自分がいる

医者「あなた、タバコは吸いますか?
ぼく「いいえ、もうやめました」(ウソ)
ぼくは愛煙家なのだがこれはあながち嘘ではありません
ぼくは会社や工場ではタバコを吸わないことにしている
新人パート社員が喫煙室でタバコをふかしている姿は横柄な態度に見えるらしい
タバコを吸うだけでイジメられたりしたらかなわない
それに喫煙室での談話も苦手だ
何も話すことなんて無いのに
毎日同じ顔ぶれと灰皿を挟んで顔を合わさなくちゃならないのは苦痛以外の何物でもない
そのぶん帰りの車の中で吸う一服がたまらなく美味しいのですが

医者「最近、病気で病院に通院しましたか?
ぼく「いや、行っていません」(ウソ)
ぼくは月に2回メンタルクリニックに通院している
軽い鬱病という診断を受けている

医者「何かお薬を飲んでいますか?
ぼく「いいえ、飲んでないです」(大ウソ)
この病院に入るつい数分前に緊張をほぐすために鬱病の薬を飲んだばかり(苦笑)
しばらく鬱病の薬はやめられそうにありません


ぼくは大学時代に心理療法のカウンセリングを受けたことがあります
対人恐怖症と人間不信でずっと部屋にひきこもっていた時期
このままではいけないと思い高いお金を支払ってカウンセリングを受けに行きました
あの時は外出することさえ勇気が必要だった
人間が怖い・・・
手に汗を握りながら震えながら街中を歩いた
ぼくはやっとカウンセリング室がある都内の雑居ビルにたどりついた

心理療法の先生は初老の男でした
開口一番彼はぼくにこう言った

「私は小沢一郎の義弟を治療したことがあるんです。
政治家の小沢一郎、知っているでしょ?
彼の義理の弟も対人恐怖症で苦しんでいたんです。
それをこの私が治してあげたんですよ。」

ぼくはこの先生にいきなり失望してしまった
(何を自慢しているのだろう、この人は??)
小沢一郎のことなんかぼくは興味が無い
昨日もこのブログに書いたけれどぼくには政治家なんてどうでもいいことだ
虚飾 見栄 虚栄心 権威欲 虎の威を借る狐
人間不信で苦しんでいるぼくに
人の心のドス黒い汚い部分を見せつけて何とするか
嫌いな人がまた増えただけの一日だった

これから最初の一歩を踏み出そうとしている時に
いきなりカウンセラーの人を嫌いになるなんてとても不幸な事だと思う
今もぼくの心にピッタリと貼りついて離れない対人恐怖症
あの男との出会いが決定打だったのかもしれません
「ああ・・そうですか・・・」
ぼくは大急ぎで自宅に帰り2度とカウンセリングを受けませんでした

テレビでカーラジオで小沢一郎の名前を耳にするたびに
ぼくはあのカウンセラーのことを思い出します
あれから20数余年
時代は移り変わっても
小沢一郎の存在感と
ぼくの心の弱さは今も変わっていないようです



ランキングに参加しています
ご厚意でクリックお願いいたします

にほんブログ村へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりシニア・中年へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 元ひきこもりへ

人気ブログランキングへ



2012年10月30日火曜日

きっと同じ


先週に面接を受けた会社から連絡があり採用が決まりました
雇用形態は製造工場でのパート社員
自宅から近所の機械部品製造工場
どうにか無職生活からサヨナラできそうです
・・・って
こんなことブログに書くのは何度目だろう
会社面接をする→パート社員になる→人間関係がうまくいかない→会社辞める
→部屋にひきこもる→仕事探す→会社面接をする→∞
ずっとずっとこんなことのくりかえし
今年のぼくは滑稽なくらい同じ事をくりかえしている
自分にうんざりしている

入社は来週月曜日からになります
そして1か月後には
人間関係がうまくいかず孤立していますとか
休憩中に人と話すことができませんとか
リーダーからパワハラを受けましたとか
人が怖くて震えが止まりませんとか
同じことをブログに書くのだろうな
いや
今回は1か月も勤務できずに逃げてしまうかもしれない
今のぼくは自分で自分を制御できないくらいに現実逃避している
ケセラセラ
成るように成るさと開き直ってはいるものの
それは現実逃避をしている今だから思うことができるひきこもりの虚勢でしかない
実際に働き始めるとすぐに仕事に嫌気がさすだろう
現実
生活費に困窮しているという現実
心に鞭(むち)を打って現実を直視しなければならない
今月のローンの返済が滞りはじめている
自己破産だけはゴメンだ

来週の月曜日までに
腐り始めた心に鞭を打たなければならない
部屋でゴロゴロしている場合ではない
そんな気持ちで意味もなくドライブに出かける

ぼくの車のテレビは地デジ対応ではない
だから地上デジタル化してから見ることができなくなってしまった
総務省による地デジ化推進とは一体何だったのだろう
今思えば地デジ化は人の財産を壊す行為だった
ラジオでテレビ放送を聴いていた人もいたはずだ
テレビを聴けるラジオも今では無用の長物になってしまった
元々人間不信のぼくだ
政治には
そして他人には鼻から何も信用していないし関心も無い
しかし政治とは何なのだろうかと思わずにはいられない
国が最近のぼくにしてくれたことと言えば
車でテレビが見られなくなってしまったことと
1,000円札でタバコが2箱だけしか買えなくなってしまったことの2つだけ
何ひとつ良いことが無い
そんなくだらないことを考えながら車を走らせていたら日が暮れた
鬱々とした1日が過ぎていきます


ランキングに参加しています
ご厚意でクリックお願いいたします

にほんブログ村へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりシニア・中年へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 元ひきこもりへ

人気ブログランキングへ



2012年10月28日日曜日

読書の秋ということで


読書の秋ということで
久しぶりにぼくが大好きなミステリ小説のことを
書こうと思います
興味のない人はゴメンナサイ
しかしメールやブログやツイッター
日本は1億総作家の時代
物書きの人は増えているのに
小説を読む人が増えていないのは実に残念なことだ

ぼくは無職の時は気持ちに余裕が無いので基本的に読書はしない
しかしアガサ・クリスティーだけは好んで読みます
メンタルが弱くなっている時は
明るくて気品のあるライトミステリーを読みたいものです


アガサは女流作家らしい
登場人物を見つめる目がとても優しいので
登場人物は探偵役のポアロをはじめ穏やかな好人物ばかりです
読んでいて不快な気分にはなったことがない
とても読みやすい作品が多いのです
アガサではありませんが同じく女流作家
シャーロット・アームストロングの「毒薬の小壜(こびん)」も素晴らしい作品です
心温まるミステリ
おじさんは必読です
ぼくの生涯で一番感動したミステリです

ちなみに
ぼくのお気に入りミステリ小説ベスト3
エド・マクベイン「白雪と赤バラ」
ロス・マクドナルド「さむけ」
綾辻行人「時計館の殺人」

これから読もうと思っているミステリは
コリン・デクスター「森を抜ける道」
ロス・マクドナルド「象牙色の嘲笑」
リチャード・ニーリィ「心引き裂かれて」
いずれも秀作として有名な作品ばかり
就職したら読み始めようと思い
ずっと枕元に置いてある
早く就職を決めて読みたいものです

ズッシリと心に重くのしかかる様な重厚なミステリ
そんなミステリ小説を読むことに
悩み多き今のぼくは耐えることができない
読書に熱中するためには
前提として心穏やかな暮らしがなければならない
そのためにも
ぼくは働き始めなければなりません


ランキングに参加しています
ご厚意でクリックお願いいたします

にほんブログ村へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりシニア・中年へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 元ひきこもりへ

人気ブログランキングへ



2012年10月27日土曜日

嘘とエクレア


昨日の会社面接で不採用になったことが
まだ尾を引いていた
今年になってぼくが面接後に不採用になった会社は2社目
最初に不採用になった会社は
一次面接と技能試験をしてから1週間後に不採用の通知を郵送してきた
この時もぼくはかなり落胆した
しかもゴールデンウィーク中で多くの会社が休みになり
ぼくは就職活動にならずに鬱々とした1週間を過ごしてしまった
月日が経つのは早くあれからもう半年になります

外は曇り空
今朝は寒い
目が覚めても布団から出ずにしばらく朦朧としていた
働き始めれば会社に行きたくないという気持ちと
まだ暖房を入れていない部屋の寒さでもっと布団から出るのが辛くなる
嫌な季節が来てしまった

昼御飯を食べながら両親に昨日の面接の結果を話しました
「会社ダメだったよ、ぼくの後に若い人が多く面接に来たみたいだからさ。
人事の話だと若い人を採用したみたいだよ。」
いい加減な言い訳と予想・・
誰が採用になったかなんてぼくは知らない
「でもね、午後に面接した会社は採用になりそうだから心配しないでね。」
これもまったく確信が無い虚飾な話・・
父「わかった、ガンバレよおまえ。」
母「残念だねぇ・・、でもしょうがないか。」
両親ともあまり深刻には受け止めてはいないようで
逆に励まされてしまいました
ぼくは話をして気が楽になりました

今日はメンタルクリニックに行く日だということを
ぼくはすっかり忘れていた
工場勤めを辞めてからは緊張することが減った
夏の暑い間中苦しんだ鬱状態も何処かに吹っ飛んで行ってしまった
だから処方された薬が今でもかなり残っています
そのせいで今日は受診の予約を入れた日だと昼過ぎまで気づきませんでした
夕方に予約を入れておいて助かった
今日は土曜日だと気づいて慌ててクリニックまで出かける

ぼくは会社に勤めると対人関係のせいで鬱になり
会社を辞めると何事も無かったように
こうして外出しては会社面接をしたりしている
これはまるで最近流行の新型鬱の症状ではないだろうか
気紛れで子供のように幼い心
ぼくは自分で自分の心についていけない
20年も前からぼくはこんな性格のままで生きてきました
ぼくは新型鬱病患者の元祖なのではないかと疑っている

それはともかく
鬱がいつ再発するかわからないので
薬は常備薬として傍にたくさん置いておきたい
そのほうがぼくは今後も安心できる
嘘も方便です
「先生、薬を飲まないと震えが止まらないので、しばらく薬をください。」
いい加減な事を主治医に言って薬をゲットした
金額は3,500円也
嘘の代償だと思えば安い買い物だと思ったりしました



雨の降る中
帰りにコンビニでスイーツを買って帰りました
両親へのおみやげはエクレアと生どら焼
今日のぼくは
内と外で言い訳と適当な話ばかりをして1日を過ごしてしまいました
そんなぼくから両親へ
ほんの罪ほろぼし
こんな息子でゴメンよ


ランキングに参加しています
ご厚意でクリックお願いいたします

にほんブログ村へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりシニア・中年へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 元ひきこもりへ

人気ブログランキングへ



2012年10月26日金曜日

会社面接に落ちました

最初から嫌な予感がしていた
面接時間が短い
先日はぼくに明るく接していただいた人事の方が
今日はガラっと人が変わったように素っ気ない
感受性の強いぼくは(これは何かあったな・・)と気づきました
黄昏の車内で受けた電話は不採用を知らせる連絡だった
頭が混乱する
工業団地内の公園に車を止めてしばらく呆然としていた
やはり正社員への壁は厚かったです
前の会社を辞めてまで挑んだ会社面接
ぼくのこの2週間は何だったのだろう
面接日時にふりまわされて
期待させて裏切られて
今日の午前中に面接をして午後に不採用の連絡
あまりにも唐突な電話に
「何故、ぼくは落ちたのですか?」という言葉は出ませんでした
45歳という年齢のせいだろうか?
「あなたはおとなしい人ですね」
一次面接の時に言われた言葉は褒め言葉では無かった
きっとぼくの心の弱さを察知したのだろう

日没
ぼくは第一志望の会社に落ちてしまった
母はぼくが正社員になることを楽しみにしていた
・・家に帰りたくなかった

これでしばらくは働かないで済む・・
そんな気持ちが実は心の何処かにあります
内心ホッとしている
もうひとりの自分がいます
採用になれば当然なことだけれど働かなければならない
もう3週間もまともに働いていない身の上だ
心は緩みに緩んでいる
働くとなれば緩んだヒモをピンっと張らなければならない
今のぼくの緩んだ心に喝を入れるには
相当の忍耐とメンタルクリニックの処方薬が必要になるだろう
だから不意に得た空白のスケジュールについては
あまり悔しいとは思わないし現状に絶望もしていない
何よりも
ぼくは母への報告だけが辛かった

しかし不採用だった場合の「保険」のつもりで
今日の午後に
近所にある会社の面接を受けたのは正解でした
面接の手ごたえはありました
非正規社員だが今のぼくに贅沢は言えない
合否の知らせがあるのは来週中です
明日は土曜日
ぼくの今週の戦いは終わった

ぼくの計算だと
ぼくがこのまま無職を続ければ12月末に生活費が底をつく
ぼくら家族の生活はいよいよ
追いつめられ始めています
帰宅して夕飯を一緒に食べても
母にはまだ「悪い知らせ」を話していません
泣きたくなるほど自由で何もない週末がぼくを待っている





落語好きな妹が家族宛てに送ってきたお土産です
妹よ
たまには実家に帰ってこいよ
それにしても今時サクマ式ドロップとは()
火垂るの墓を思い出しますなぁ(しんみり)


作っては消したり
試行錯誤をくりかえしましたが
リンクバナーはしばらくこれでいきます↓
今後もポチッとよろしくお願いします



ランキングに参加しています
ご厚意でクリックお願いいたします

にほんブログ村へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりシニア・中年へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 元ひきこもりへ

人気ブログランキングへ





2012年10月25日木曜日

厳しいコメント


ぼくは明日の午前と午後で2社の面接をうけることになりました
部屋にひきこもった翌日に面接を受けるという事は
いきなり夜の荒れた海に放り込まれるようなものです
少しでも外出に慣れておかなければいけないと思って
ドライブをして紳士服洋品店で冬用の靴下を買いました

明日の午前に面接を受ける会社は
自宅から徒歩で5分以内の所にあります
雇用形態は製造工場での非正規社員
ぼくの家は3つの大きな工業団地に囲まれている
会社の数は合計して100社を越える
45歳のぼくは
あと20年は働かなければならない
今年のぼくは就職しては嫌になって
会社を辞めては面接をくりかえしている
こうなったらこの工業団地群のすべての会社の面接を受けて
すべての会社に勤めてやろうかとさえ思っている()
100社もあれば必ず自分に合った職場を見つけることができるはずだ
ぼくはまるで世間知らずの子供の様に人生をナメているところがあります
でもそれでもいい
ぼくは趣味に生きる男になりたい
仕事なんかは二の次だ
ぼくにとって仕事は生活費を得るための手段でしかない

「どうして自分がやりたい仕事を探さないのですか??
「仕事が続かないのは自分に甘いからだと思います」
ブログにはメールで厳しいコメントをいただく事もあります
事実そのとおり
コメントに言われたことはだいたい合っています

しかし対人恐怖症という誰にも理解してもらえない悩みを抱えながら
何度も何度も面接をして
会社勤めの失敗をくりかえして
自分に合った会社を探し続けるのは楽な事ではありません
ぼくはぼくなりに頑張っているつもりです
本当に自分に甘いのならば泥棒稼業でもしているでしょう(オイオイ・・)
誰もぼくに優しくしてくれないから
ぼくはぼくに甘えるしかないのかもしれない()
まったく子供じみた言い訳ですが

こんなぼくでも
若い時期には仕事の充実感や働く楽しさを感じたことはありました
しかしやりたい仕事などというものは今までに無かった
自分がやりたい仕事を見つけてその職に就けた人は幸せな人だと思います
しかしそんな幸せな人はこの日本にどのくらい居るだろうか?
雇用してくれる会社を探すだけでも大変なご時世だ
どうにか会社に勤めて環境に慣れて
それから働く喜びを得るという人が大半でしょう

大学時代もそして現在でも
ぼくの仕事に対する考え方はまったく変わっていない
ぼくはできることなら会社に勤めたくはない
誰も人がいない場所を見つけたい
人と会わずに静かに暮らすことがぼくの理想だったりします
これもまったく子供じみた考えなのですが・・


叔父が写真を郵送してきました(メールで送ればいいのに・・)
今夏にドライブをした時に叔父がぼくを撮影してくれた写真です
写真を撮られるのが嫌いなので思いっきり
しかめっ面をしています()
本当に嫌いなんです写真撮られるの


ランキングに参加しています
ご厚意でクリックお願いいたします

にほんブログ村へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ

人気ブログランキングへ

2012年10月24日水曜日

40代男性暗躍中


昨日と今日で
新聞の折り込みチラシの求人広告から
気になった会社をリストアップしてかたっぱしから電話をかけていました
ぼくの週末はいそがしくなります
金曜日と土曜日に3つの会社の会社説明会と面接をしなければならなくなった
会社面接はたいへんですが早く生活費を稼ぎたい
ぼくの心は焦りと現実逃避の狭間で揺れています

我が家は新聞をとっていますが
ぼくは新聞をほとんど読まない
最近ではテレビニュースを見ることも避けている
政治や経済には期待していないし
殺人事件もスポーツも他人事だ
AKB48が苦手で芸能ニュースを避けていたら芸能にも疎くなってしまった
世の中で起きている様々な出来事は
ぼくとは無縁な事だと思っている
ただ新聞をとっていれば毎週日曜日に求人広告のチラシで仕事を探すことができる
新聞をとっていて良かったと思う
ネット求人でも仕事を探せるけれども
折り込みチラシに掲載されている会社のほうが
お金をかけているだけあって
そのぶん求人する意気込みが違うとぼくは感じています

男女雇用機会均等法のせいでしょうか
求人広告に性別と年齢を掲載することができなくなってしまってから久しい
ぼくのようにハローワーク以外で職を探す人は
求人広告の掲載内容を把握するのに読解力を必要とすることになってしまった
仕事を探している人たちは行間を読まなければならなくなった
言外の意味をくみ取らなければならなくなってしまいました

例えば
30代の女性が活躍している職場です」と書いてあれば
会社は30代の女性だけを採用するつもりだということになります
「男性が応募しても採用しませんよ」という裏の意味があります

20代から30代までの男性活躍中!」と書いてあれば
会社は30代までの男性を採用するつもりだから
「高齢者が応募しても採用しませんよ」という裏の意味があります

求人広告のイラストや写真を見て判断しなければならないこともある
女性のイラストであれば女性のみの求人
高齢者男性が働いている写真が掲載されていたら
定年退職後の男性だけを採用するということになります

 中には酷い求人もあります
37歳までの男性が活躍している職場です」
30~40代の主婦が活躍中!」なんて書いてある会社もある
ここまで細かく書いてあるともはやパロディーだ()
おそらく社長や上司が37歳なのでしょう
38歳の人は応募するな」という裏の意味があります
30~40でも未婚の女性は採用しませんよ」という裏の意味
これも失礼な話だと思います
30過ぎの独身女性は応募するなということらしい

言外の意味をくみ取る
行間を読む
Read between the lines

読解力を必要とするなんて
現代文の試験じゃあるまいし
まして素朴な人々
心に疾患がある人
コミュニケーション能力の低い人は行間を読むのが苦手です
求人に応募しようと電話連絡をして断られて恥をかく
意気込んで電話しただけに落胆も大きい
ムダな時間をかけて心の傷が増えてしまう
これで果たして雇用の機会が平等に与えられていると言えるのだろうか?
求職者には実に遠回りで率直的で無い
ゆがんだ雇用機会が与えられている
誰にでも平等に雇用の機会を与えられているならば
誰が見てもわかりやすい求人広告でなければならない
ぼくはそう思っています


ランキングに参加しています
ご厚意でクリックお願いいたします

にほんブログ村へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

人気ブログランキングへ

2012年10月23日火曜日

ブログ村のオリジナルバナー

昨日の会社面接の反動からでしょうか
ぼくは気持ちが高揚して一睡もできませんでした
1日何もしないでいて夜中に焦燥感に襲われることが怖い
今から少しだけ寝てからまた仕事を探してみます
昨日の一次面接の結果は合格だったけれど
未だに無職であることに変わりはない
良い会社が見つかれば他の会社の求人にもコンタクトをとっておきたい

眠れぬ昨夜は
にほんブログ村のオリジナルバナーをたくさん作っていました()
以前から「元ひきこもり」のカテゴリーに
オリジナルバナーがひとつも無かったことを
寂しいなと思っていました
試しにいろいろと作ってみました

こんなのとか

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 元ひきこもりへ


それからこんなのとか

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ

無職のくせに
ぼくはこんなことしていていいのでしょうか()
まるでセンスが無いですね
恥ずかしい限りです
誰でも利用できるバナーになっていますので
村民の皆さんで気が向いた人は使ってやってください()

今雨が降ってきました
少し寒いです
少し寝て起きてから本気出します



ランキングに参加しています
ご厚意でクリックお願いいたします

にほんブログ村へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 元ひきこもりへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりシニア・中年へ


人気ブログランキングへ

2012年10月22日月曜日

心の闇を覗かれて


ぼくは今日の午前中に会社面接を受けてきました
家を出る前に
父から「おまえは働かずに面接ばかり受けている」と小言を言われる
「1つの職場で長く勤めたほうが楽じゃないのか?
会社を変えるたびに最初から仕事をおぼえなければならないのは大変だろ、違うか?
70歳を過ぎた父の説教
はいそのとおりです
さすがに我が父は仕事の厳しさをよくわかっておられる
でもね父さん
「自分は対人恐怖症だからね」と何度も教えたでしょ?
ぼくが何よりも大変なのは他人とのコミュニケーションなのだからって
他人が怖いと思っているぼくにとって
仕事をおぼえる苦労なんて軽いものだって
何度教えてもぼくの心の弱さを理解してくれない

最近は老いた父が愛おしくてしかたがない
父はぼくのことを理解してくれないけれど
ぼくは父のことを理解できるようになった
父の優しい性格をよく理解しているから何を言われても平気だ
父が心身ともに弱くなってからは親子で隠し事は何ひとつ無い関係に成れた
何でも話せるし
ふたりで旅行もする
この父のためにも
ぼくは早く就職して生活費を稼がねばならない

白く新しいビルの総務室での会社面接
面接の相手はひとりだった
とても親切で明るい人だった
会社の規模にはじまり
会社の業務内容や待遇
そして社風や社員の失敗談まで話してくれた
長い長い面接時間
始終笑顔で冗談を交えながら会話が弾みました
面接時間は1時間35分にも及んだ
ぼくは会話の疲れなど微塵も見せない
ぼくは最後まで元気に応対した
相手の目を見て一生懸命に元気に明るく会話した
そのつもりだった
(今日のぼくは完璧かも・・・これは入社決定だな)と思いました

しかし相手は面接のプロだった
面接の終わりごろになって急に
「あなたはおとなしい人ですね」と言われてしまった
(げっ、ばれてるよ・・・)
ぼくは急激に恐怖感に襲われてしまった
「でも、おとなしいということは悪い事ではありません。
あなたの個性ですから。
長く勤務していれば、あなたの性格を職場の皆に理解してもらえますよ。
たまには職場で冗談を言ったりすることも大切なことです。」
確かにぼくはおとなしい
むしろ暗いと言った方が正しい
百戦錬磨の面接のプロの手にかかると
ぼくの心なんか簡単に見破られてしまう
ぼくは自分の心の闇を隠し通すことができなかった
ぼくは心を人に覗かれることをとても嫌う
そして覗かれそうになると恐怖と恥ずかしさからその場を逃げてしまう
これが会社面接でなければ苦痛で耐えられなかっただろうと思う
人の怖さを改めて実感させられた1日だった

夕方に電話連絡があり
健康診断書の提出を求められて二次面接に進むことになった
二次面接は金曜日だ
受かるか落ちるかは全然わからない
ただ弱い心の自分を隠し通せる会社ではないことだけはわかった
すっかり自信が無くなってしまいました
思えばぼくがまともに働かなくなってから3週間が過ぎてしまった
面接の帰りにコンビニに寄って
父が大好きなチョコ最中アイスを買いました
ぼくの父の言うとおりだ
本当にぼくは今年になってから面接ばかりしている



ランキングに参加しています
ご厚意でクリックお願いいたします

にほんブログ村へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 元ひきこもりへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりシニア・中年へ


人気ブログランキングへ