2012年7月6日金曜日

サイン


今年登録した派遣会社から毎日のようにぼくのアドレスに仕事紹介のメールが届く
以下はそのメールの内容だ


不破ちから様
このメールは、「(某派遣会社名)へご登録をしていただいている方へお送りしています。
あなたにオススメのお仕事━━‥‥‥………
【勤務地】●●市
【時給】850
【勤務時間】13:0020:00
【業務内容】ピッキング・梱包業務をお願いします。
 倉庫内での作業です。
 午後からの勤務です!午前中は自分の時間が作れますね
 未経験者大歓迎!!ヤル気があればOKです!!

【勤務地】●●市 
【時給】870円!!
【勤務時間】8:0017:00
【業務内容】原料準備・運搬・食材をトレーに入れてラップ作業のお仕事です
◇未経験者歓迎します!意欲があればどなたでもチャレンジ可能です◇
お問い合わせお待ちしております
連絡先等
0120-●●●-●●●
※ 連絡の際、「●●市のお仕事紹介メールを見た」とお伝えください。


食事代はもちろん交通費も出ない
酷い派遣先だと自動車通勤の場合は駐車代を払わせるところもある
ピッキングやライン作業のような
体を使う単純作業はとても疲れる
冷房が無い過酷な職場も多い
せめて時給1,000円は貰わなければ割に合わない仕事だ
歳も歳だし贅沢を言える立場ではないけれども

この派遣会社は正気とは思えないところがあって
毎日のようにぼくの携帯に状況確認の連絡をしてくる
しかも毎日違う人が事務的にマニュアル的に連絡をしてくるから
会話が一方通行で話が噛み合わない
「今は定職に就いているから連絡してこなくていいですよ」と毎日同じようなことを言っては誘いを断っている
どうも馬鹿にされているんじゃないのかと疑っている
それでも登録を解除できないのは自分の将来に自信が持てないからだ
今は続いている工場でのパート社員の仕事もいつ辞めるかわからない
ぼくが仕事を辞めるときは衝動的なところがある
朝の出勤時は辞めるなんて少しも思わなかったのにちょっとした社内イジメに会って
翌朝の午前中には総務に退職届を出しているなんてこともあった
辞めたい病は発作のように訪れるから派遣会社への登録はいわば保険みたいなものだ
いつ世話になるかわからないから派遣社員との関係は今後も切れないよう続けていきたい
明日は工場をサボろうかと思っている
仕事のおぼえが遅いのですっかり自信を無くしている
派遣会社からのメールを気になりだしたらぼくが仕事を辞めたいと思っているサインだ
超えなくてはならない山は多い

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。